忍者ブログ

[PR]

2019-04-23 01:47

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

履歴書を買う

2008-01-21 01:15


先週の「土曜の夜はケータイ短歌」の採用短歌。
放送外採用が1首ありました。

頂上で「好きだ」のこだまをもらったら明日こそ君に告白しよう

モテモテになって勇気が出ます。笑
俺、いけるんじゃん!?みたいな。笑

来週はつぶやきシローさんがでますね!
最近ゲストがお笑い芸人さんラッシュだ。好きだからうれしいですけど。
好きな俳優さんが出てくれるといいなあ。
たとえば今「篤姫」に出てるあの人とか・・・


ところでわたくし、バイトをすることにいたしました。
3週間前までバイトしてましたけど。
遊び盛りの学生にはいろいろお金が入用なんです。
5月にまたライブに行くことも決まったし・・・。

バイトを通していろんな経験をして、いろんなひとに出会って、それを短歌に活かせたらいいなあと思います、思うだけ。笑
緊張するけど楽しみです。
PR

跳ねる心臓

2008-01-10 22:34


こんばんは。
かとちえの短歌教室、最終回でした。


街角でぶつかるような恋とかは あたしのために存在している


掲載されてしまった・・・驚いた。
最後の最後で初掲載。かなり嬉しいです。とても嬉しいです。
加藤さんの講評は以下の通り。


「さりげなくさらっとではあるけれど、すごいことを言っている」
笑いの含まれた、完成度の高い作品だと思います。
「街角で~」は、一マスあけ(必要でしょうか?)や、
3句目の「とか」が字数合わせに思えたのが気になってしまいましたが。



完成度が高いって!嬉しすぎる。幸せすぎる。舞い上がりそうだ。
マイナス点は全くその通りです。
「とか」はいらない。ひどくかっこ悪いですね。
これがあるだけでインチキくさい短歌になってしまう。

こちらの方がいいかもしれませんね。

街角でぶつかるような恋はみなあたしのために存在している

んー「みな」は少し文語調で合わないかな?
でも「全部」だとものすごくバランスが悪くなる。
「恋だけは」なんてしちゃうとまたイメージがおかしくなって意味不明になる。難しいですね。

ていうか余計にすごい発言になりましたね。
自己中って感じ。でもこんなことをさらっと言えちゃう女性って好きかも。


来月分はもう今日で〆切なので昨日送りました。
来月からは「かとちえの短歌ストーリー」がはじまります。
テーマに沿った短歌に、加藤さんが短編をつけてくれるんです!素敵な企画!
ただ2首しか応募できないんですよね。
選ばなきゃいけない辛さ・・・私の短歌はどれもどっこいどっこいなので選ぶのが大変です。

ありきたりなのばっかりなのでもっと上達したいんですけど添削されるのは何故か苦手です。怒られてる気がします(被害妄想ですよ)
褒められて伸びるタイプです。ああ誰かに私の短歌を褒めてほしい。


話は変わりますが、以前来ていただいたゆずさんのブログを見に行ったら「モバイル短歌」というものがあることを知りました。ここ、色んな世代の人がいそう。すごく楽しそう。
実際、一見さんとして閲覧してみたらかなり面白かったです。
私も登録してみようと思います。

ではまた。

混乱

2008-01-08 14:22


こんにちは。

校庭に華やかさが増す冬の日に大人のあなたが笑ってくれた

成人式は雨模様だそうですね。困りますね。

前回の「土曜の夜はケータイ短歌」の採用報告です。


勉強もスポーツもできる、顔もいい・・・どうして僕はモテないんだろう?


んー。
これ・・・だめもとで出したのに(笑)
小池さんが「こういう性格がダメなんだよ」云々おっしゃっていましたが、全くその通りです。
男女関係なくこういうひとっているんだな、たまに。
自分もそうならないように気をつけなければなりません。


風邪もだいぶ治り暇なようで暇じゃないです。
勉強しなくちゃなあ・・・
心理テストでは私のライフスタイルは「日々勉強」らしいです。勉強嫌いですが、それならしょうがないとかめちゃくちゃな理論で理解して頑張りますよ。ええ。


母のほうに首傾けてみつあみがそれにならった家族のかたち


あるひとのブログを見てたら写真があったので、想像しながら勝手に詠みました(汗)
もっとうまくなりたいよ!

・・・はっ、かとちえ短歌に応募してない・・・しなきゃ・・・

ではまた!

時間がたつのが早いのが

2007-12-15 23:25

「が」がいっぱい。

がといえばそういえば家にテントウムシ君がいたらしいです(関係ないじゃん)。
可愛いなあ。

本日の「土曜の夜はケータイ短歌」の採用報告。

富山での公開録音の放送でしたね。
テレビ観てたらすっかり遅くなっちゃった。20分くらいから聞き始めました。
今週は1首採用でした。朗読での採用でした。

本当はできることでもヘマをして母性本能くすぐる作戦

私の短歌はほとんどシチュエーションを想像したりして詠むので実際の経験はありません。
でも確かに計算高い人間です。

どうでもいいんだけど最近同郷のひとや同世代の方がよく採用されるのでなんだか悔しいろくもじです。


以下はラジオを聞きながらふと浮かんだ短歌。

どの色のハートであってもわからない 好きなら好きとはっきり言えば

あらかじめ履歴書みたいにさらします 歳もメイクを落とした顔も


1首目、「好き」と言ってもふられそうな雰囲気。

2首目、ギャップで別れられないように。


では今日はこの辺で。おやすみなさい。

取るに足らない

2007-12-08 22:11

私は嘘がつけない性格・・・というか体質のようです。
非常に迷惑。

先ほどまで放送されていた「土曜の夜はケータイ短歌」の採用報告です。
1首採用されました。

「なんちゃって」手のひらを顔の前で振るそんな飾りで気持ちを隠す

イメージとしては、女の子が勢いで告白みたいなものをしてしまって、慌てて「なんちゃってー☆」と笑顔でつくろってる感じですかね。ありきたり。
実際こんな経験ないんですけどね。
それに最初に書いたとおり私は嘘がつけないので、多分勢いで告白しちゃったら「やばいばれた・・・」と思って逃げます。
よく少女マンガ(?)でありがちなシーンだと思うのですがなんで彼女たちはあんな風に笑えるのかわからない。永遠の謎。

これ、いちばん最初に読まれたみたいで(笑)
読まれたときに「これアンタ!?」と家族ににやにやしながら問い詰められて、「違う!こんなの送った覚えがない!」と必死に否定しました。でも顔が真っ赤になりました。というわけで嘘はつけません。
大声で否定したので感想なんかまるで聞けなかった。ものすごいショック・・・orz

22日はクリスマススペシャルですね。
難しい。何を送ればいいのかわからない。
日ごろ使わない脳をフル回転させて頑張ってみます。

採用報告

2007-12-02 19:07


昨日の「土曜の夜はケータイ短歌」の採用報告です。
前回の短歌紹介 というところからも見ることができます。


てっぺんの星は金とか銀だとかもめることすら輝いている


クリスマスツリーのことです。
ふかわさんに詠んでいただいたのですが、何のコメントもなかったので「コメントなしかよ!」と思わず突っ込んでしまいました。
ゲストで来ていた歌人の天野慶さんは「「飾る」というのはいろいろ深い意味があるから、クリスマスなどを見ずに考えてみてほしい」というようなことをおっしゃっていました。
早速やってみましたが非常に難しかったです。
12月8日が締め切りなので出来るだけいい歌をたくさん送っておこうと思います。以上。